西端真矢

ARCHIVE:

伝統茶会と現代きもの (コーディネイト写真付き) 2015/02/28



何だか毎日がめったやたらと忙しく、脳みそが頭からこぼれ出そうなそうな毎日を送っているのですが、今日は少し仕事はお休みの日。お招きを頂いて築地本願寺へと、藪内流の茶会へ伺って来ました。
‥と、ここで写真を出したいところなのですが、茶会では、写真は撮れないことがほとんど。今日も携帯は茶室の外、でした。ただ、茶会後に伺った別の場所で撮った写真をこの後に掲載致しますので、良かったらご覧くださいませ。

          *

さて、藪内流のお点前を拝見するのは今日が初めてだった私。
藪内流は利休の頃のお茶を現代に最も伝えているという話を伺ったこともあり、興味津々でした。
‥そして、実際に拝見したそのお点前は、千家系とはかなり違っていて…だって、
右側に仮置きをするんですよ!!!
と、茶道をされていない方には何のことやら、というかんじだと思うのですが、大筋の流れは同じでも、所々の解釈の違いが点前の所々の違いになって現れる、そんな、他流儀のお点前を拝見する醍醐味を味わったのでした。

そしてもちろん、お茶の楽しみの大きな部分はお道具立ての妙を味わうことにある訳で、本日お席を持たれた社中の皆様の審美眼と何ともセンスの良い取り合わせにうなったのでした。
ああ、やはりお茶は楽しいです。

     *

その後、築地からほど近い銀座へと移り、十字屋ホールで開かれている志村ふくみ先生、洋子先生の展覧会へ。こちらも撮影禁止なので写真はないのですが、これまでに大きな染織展の中の一作としては何回も拝見している志村両先生の作品を、まとめて一会場で見ることで、その個性をしっかりと目に焼きつける。そんな展覧会でした。
草木の色をもらって染めている、とお二人が仰っている、その自然の色がこんなにも内側から輝いて明るく美しいのだということを、しみじみ知る展覧会でした。会期は明日までです。ゼヒ!
    
       *

そして更に丸ノ内線へ乗って、帰宅途中の新宿三丁目で途中下車。伊勢丹へ伺いました。
一昨年に取材させて以来仲良くさせて頂いているawaiさんの期間限定ショップで、まず、店主の木下さん、紅子さんと短いながらも深い話をさせて頂き、心がしゃんと引き締まる!
また茶会とは違った気分一新の時間でした。

そして、北海道から特別出店されているShi bun no Sanへご挨拶に。染織業界に共通の知人がいてお互いの存在は知っているものの会ったことはなし。いつか実際にお品物を拝見して、お話ししたいと思っていたので、ご挨拶に伺ったのでした。
その時撮ったのが下の写真です(コートの下の帯に寄った写真は更にブログ下の方に掲載しています)↓
noguchisanto.jpg
Shi bun no Sanは、悉皆業のお家に生まれた野口繁太郎さん(写真右)が始めたきものブランドで、デニム生地のきもの、帯、タイダイの感覚で染めた腰紐など、モダンきものラインを展開されています。
野口さんのおきもの、そして、私の左隣の茶人で「アバンギャルド茶会」を主宰されている近藤俊太郎さんのきものと袴(デニム袴!)も、もちろんshi bun no Sanのもの。もちろん、女性ものもあります。洋服のすぐお隣りの感覚で着られるきもので、とてもおしゃれです。悉皆屋さんが母体ですから、もちろん全部ご自分の所で染められています。
そんなShi bun no Sanの売り場には、たくさんの方が足を止められていて、お品も売れているようで、注目度高い!

私は、「美しいキモノ」のお仕事をさせて頂いていますし、意外!と思われるかも知れませんが、色々なきものブランドにこの世に出て来てほしいなと思っています。オーソドックスなおきものにこういった新しい感覚のブランドの帯を合わせて着てみる、なんてこともとても面白いと思いますし。
初めてお会いする野口さんは、本当に丁寧に真摯に接客されていて、その姿を、最初、飛馬の姉(古い!)のように柱の蔭から拝見していました。もちろんご本人のコーディネイトも、お品も、上のお写真でお分かり頂けるように大変おしゃれですし、きっと伸びて行かれるブランドだと思います。

最後は、上の写真ではコートを着ていたため、帰宅してから撮った帯周りの写真を↓
hakuobi22.jpg
きものは、何とタダで頂いてしまったもの!
いつも仲良くして頂いている渋谷の「プロきものスクール」のメンバーのお家から出たもので、サイズが小さくて着られる人がいないため私のものとなった、付け下げちゃんです♡藤色地に裾部分だけ紫に染め、全体に大きめの華紋が散っています。
そして、帯は、きもの仲間の開いたプライベートフリマで入手したもの。藍色地に落ち着いた金色の箔押し?で花柄を表していて、素敵~と一目惚れで購入して、今日がデビューでした。
帰宅後、帯を少し開いて金箔押しなのか何なのか、技法を確認してみると、どうやら箔を巻いた糸で一部を織り、その上から花の絵を描いているようです。いつか職人さんに確認してみたい!
いずれにせよ、独特のぼやけた風味が、主張の強過ぎない袋帯になっていてとても気に入っている帯です。友人に感謝!
帯揚げは、薄紫の梅地紋の綸子。
帯〆は、藤色、水色、紫に段染めした道明の冠組です。

‥と、三カ所を回って充実の一日でした。
2月はひたすら家で資料を読んで→原稿を書く月だったのですが、明日から始まる3月は、インタビューと取材で毎日のように駆け回ることになりそうです。その前にお茶で体を清められて良かった!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村