西端真矢

ARCHIVE:
女子の生き方 / 文学・思想・美学論 / 中国、日中関係 / 着物日記 / 仕事論 / 日々のこと / 世の中のこと / 和のこと / / 吉祥寺暮らし / 本や映画や美術展感想 / お仕事ご報告 /

2018年 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2017年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2016年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2015年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2014年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2013年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 3月 / 1月 / 2012年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2011年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2010年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 /

クロワッサン「着物時間」にて住吉美紀さんの着物物語を取材しました。 2018/03/08



%E4%BD%8F%E5%90%89%E3%81%95%E3%82%93%E5%9B%9E.jpg
日々どたばたしているうちに、書店に並ぶは明後日まで…とギリギリのタイミングとなってしまったのですが、マガジンハウス「クロワッサン」の連載「着物の時間」にて、アナウンサーの住吉美紀さんを取材しました。
釜我敏子さんのやさしい色合いのお着物で登場された、住吉さん。雑誌に出る際は、どんなにふだん着慣れている方でも着付け師さんをつけるのが常套なのに、今回、自前の着付け!
しかも、数年前までは着物に興味がなく、むしろ苦手意識を持っていたというのだから驚きです。今やこの上達ぶり、そしてはまりっぷり。そんな住吉さんの着物物語、ぜひ、お読み頂けたら幸いです。(発売期間を過ぎても注文はできますので!)

にほんブログ村

にほんブログ村