西端真矢

ARCHIVE:
女子の生き方 / 文学・思想・美学論 / 中国、日中関係 / 着物日記 / 仕事論 / 日々のこと / 世の中のこと / 和のこと / / 吉祥寺暮らし / 本や映画や美術展感想 / お仕事ご報告 /

2018年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2017年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2016年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2015年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2014年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2013年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 3月 / 1月 / 2012年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2011年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 / 2月 / 1月 / 2010年 / 12月 / 11月 / 10月 / 9月 / 8月 / 7月 / 6月 / 5月 / 4月 / 3月 /

新しい渋谷 2018/09/14



%E6%B8%8B%E8%B0%B720180914.jpg
今日、仕事で渋谷に行くと、10年前、この街に住んでいた頃、恵比寿方面へ行く時にてくてく歩道橋を上ったり下りたりしなければならず難儀していた交差点のその向こう側に渋谷ストリームという名の新しい“街”が出現していて驚く。

試しに少し歩いてみると、かつて川があったところにはちゃんと川が流れていて、そう言えば、その川にかかっていた細い橋を渡ったすぐのところにいかがわしい本やビデオを売っている小さな店があって、散歩の途中、普通の本屋さんと勘違いして入ってしまい、私も困惑したけれど店の中にいた男性陣はもっと困惑していた、という思い出の店はもちろん跡形もなくおしゃれ広場に変わっていて、バンドが演奏したりしている。
そして交差点の上空には新しい空中回廊がかかり、今はまだ工事中の渋谷駅といずれはつながるよう設計されているのだろう。
そう言えば、かつてタルコフスキーが首都高赤坂見附付近の未来都市ぶりに目を見張って「惑星ソラリス」の冒頭で延々長回しをしていたけれど、それ以上にソラリス化した風景が今の渋谷には広がっているのだった。

そんなおしゃれ広場にこれでもかと並ぶおしゃれカフェの中でも一番混んでいるハンバーガー店では、フルーツとヨーグルト、100パーセントまがいものなしで作るというスムージーが売っていて心惹かれテイクアウトしてみると、プラスチックではなく紙ストローがついて来る。
そう言えば、子どもの頃、田舎に旅行した時だったかやはり紙ストローが出て来たことがあって、そう、こんな風な舌触りだった、と更に古い記憶がよみがえって来るのだけれど、紙ストローはプラスチックの要領で吸うとすぐにへなへなとしおれてしまい、900円もするスムージーがなかなか上がって来てくれない。そうか、これからの世界では、この紙ストローのやさしい吸い方を会得しなければならないのかと思い知らされ、やはり渋谷は何もかも新しい街なのだった。

にほんブログ村

にほんブログ村