西端真矢

ARCHIVE:

銀杏の小紋で根津美術館レセプションへ 2011/11/28



10日ほど前、母と一緒に根津美術館のレセプションへ出席した日の着物です。
DSCN0924sfws.jpg
着物は、祖母が染めた銀杏の総文様の小紋。
11月2日の日記でもご紹介した一枚です。このときは正倉院華紋を蘇州刺繍した袋帯を締めていましたが、今回はもう少し軽やかに、花菱襷(はなびしだすき)の名古屋帯で。
根津美術館の中庭で撮りました。

     *

根津美術館は毎回展示室を細かく分けて幾つかの展覧会を並行して行っていますが、私の今回の目的は、「夜咄の茶」展。それから「中国の陶磁・漆・青銅」展と「中国の人物画」展にも興味津津でした。
「夜咄の茶」では、特に中興名物の「相坂」の茶入れ(重文)に魂ノックアウト。一般に、利休が完成させた侘びの美の価値観が第一とされがちな茶の湯の世界ですが、私は利休より少し後の世代の茶人・小堀遠州の好みに一番心を動かされます。この日もまさに遠州好みのこの茶入れのあまりの素晴らしさに、何度も何度もその前に戻って鑑賞を繰り返したのでした。

また、「中国の人物画」展では、車にたくさんの飴やおもちゃを積んで町を回った行商人と子どもを描いた明時代の絵画が何枚も展示されていて、「こういうジャンルがあったんだ」と感心。おそらく当時の裕福な貴族などの家の壁に掛けたものと思われ、横3メートル×縦6メートルくらいあってとても大きいのです。真剣におもちゃを選ぶ子どもたちの表情がかわいいのでゼヒ見に行ってみて下さい。
しかし、帰宅後、別の展示室で行われていた「色絵いろいろ」展を見逃したことに気づく…。大の仁清好きなのに…ショックです。期間中また足を運ぶかも知れません!

☆ブログランキングに参加しています。よろしければ下の二つの紫色のバナーのどちらかを、応援クリックお願い致します☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村